美容と健康

ケルセチンは老化ストップに効果あり!?サプリメントはあるの?【たけしの家庭の医学SP】

8月22日にたけしの家庭の医学スペシャル全身の老化を止めるケルセチンが話題に上がりました。

ケルセチンは、体内に溜まったさびを取り去る医学界注目の成分のひとつです。

番組内ではケルセチンを豊富に含む飲み物で放送されていましたね。

でも、飲み物だって飲むのは大変っていう人もいるんじゃないでしょうか?

1日1回のサプリメントの方がいい人もいると思うんですよね。

お茶の味が嫌いっていう人もいれば、カフェインを摂りたくないっていう人もいるはずです!

なので、今回はケルセチンを摂取できるサプリメントを紹介したいと思います。

健康になりたくても、自分が嫌なことはなるべくしたくないですよね!

記事を読んで、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ケルセチンを取るメリット

話題になっているケルセチンはポリフェノールの1種です。

さびてしまった細胞だけを破壊し、健康な細胞には害をなしません。

高血圧・高血糖・タバコ・精神的なストレスなど様々な要因でさびが増え、身体の老化につながってしまうのです。

ケルセチンはそんな老化の元になるさびを消してくれる成分です。

また、がん、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病の予防に重要な役割を果たすのではと期待されている成分でもあります。

ケルセチンは様々な食材に入っていますが、番組でオススメしていた摂取量は1日100mg

玉ねぎや、アスパラガス、ピーマン、キャベツ、レタス、イチゴなどのベリー類に含まれています。

特に玉ねぎに豊富に含まれているようですね。



オススメのサプリメント

ケルセチンはレタスだと14玉、ピーマンだったら30個食べないと摂取できなそうです。

あなたはレタス14玉を1日で食べきれますか?

ピーマンを毎日30個食べることができますか?

とてもじゃないですが厳しいですし、できたとしても辛いですよね。

番組では緑茶やウーロン茶・紅茶などのお茶を1日3杯飲めば良いと言っていました。

飲める人はそれでいいと思います。

けれどお茶を毎日3杯飲むのは辛いカフェインが気になるって人もいるはずです。

なので、手軽に摂取できるサプリメントをお伝えしますね。

番組では玉ねぎ茶の作り方をやっていたのですが、作るのは少し手間になるので簡単に飲める玉ねぎ茶も紹介します。

まとめ

ケルセチンについて簡単にまとめると、

老化ストップに活躍する成分である。

さびた細胞のみを攻撃し、健康な細胞には害をなさない。

玉ねぎや、アスパラガス、ピーマン、キャベツ、レタス、イチゴなどのベリー類に含まれていて、1日100mg取ることが良いとされる。

1日100mgはレタス14玉、ピーマン30個分と同等。

ということですね。

大量の野菜を毎日取ることは困難なので、お茶を飲んだり、サプリメントを活用したりして身体の健康に気を使っていきたいですね。

最後までありがとうございました。

管理人のmeikoでした。

スポンサーリンク