美容と健康

抜け毛・薄毛の原因は外出自粛のストレス!?対策方法はあるの?

コロナウイルスが流行り、自宅にこもることが増えたことでストレスをかかえてはいませんか?

ストレスから抜け毛や薄毛を心配に思い、クリニックへ行って相談をしている人が例年より増えているそうです。

私は、産後のストレスで一時期髪の毛の抜ける量が増えて不安に思ったことがあります。

くしを軽く通しただけでわさっと抜けたんです。

髪の毛が急にたくさん抜けるってただただ恐怖ですよね…。

今回は、ストレスが溜まると何故髪の毛が抜けるのか、その対処法を紹介します。

まだ抜け毛や薄毛を心配するような歳ではない20代や30代の人や女性にもぜひ知ってほしいです。

この記事を読んでぜひ、対策を行なってみてくださいね!

ストレスで髪の毛が抜けやすい人の特徴

・運動不足の人
・睡眠不足の人
・食生活が乱れている人

あげた3つに該当する人はストレスで髪の毛が抜けやすい傾向にあります。

ただ今の世の中、自宅で過ごし運動不足になったり、自宅にいる事が増えたために好きな時間に寝て、起きて、食事をするといった人も少なからずいると思います。

けれど、これを解決しなくてはストレスで髪の毛が抜け落ちてしまうかもしれません。

運動は、体内の血流を良くすることができます。

運動をしなければ、逆に血流が悪くなり、頭皮にも影響が出て髪が抜けやすくなります。

睡眠は、髪と頭皮の健康を守ります。

睡眠をしなければ、頭皮や髪のダメージを修復できず、だんだんと弱ってしまい髪が抜けてしまいます。

食生活がジャンクフードや偏った食事で乱れている人は、皮脂が過剰に分泌され、髪を弱らせてしまいます

ストレスを受けると身体に様々な変化が起きますが、それは弱っている部分に最も現れます。

頭皮が弱っている人がストレスを受ければ、抜け毛となり現れることもあるのです。

抜け毛とストレスの関係は?

抜け毛の原因は様々あります。

ストレスや、睡眠不足、乱れた食生活、飲酒、喫煙、加齢などです。

今回は、ストレスと抜け毛の関係に焦点をあてていきます。

頭皮の血流が問題?

ストレスを感じると自律神経が乱れます

自律神経には、昼間の活発なときに作用する交感神経と夜やリラックスしているときに作用する副交感神経の2種類あります。

自律神経は内臓の働きや代謝、体温、血流をコントロールするために24時間働き続けており、神経の働きによって心と身体の調子が変わるのです。

ストレスを感じると自律神経が乱れ、臓器にも悪影響を及ぼします。

胃の痛みを感じたり、不眠になってしまったり、身体中の血流が悪くなってしまったりします。

全身の血流が悪くなってしまうということは、もちろん頭皮の血流も悪くなることになります。

頭皮の血流が悪くなってしまうということは、髪に必要な栄養分が届かないということになり、だんたんと頭皮が硬くなり、髪は細く抜けやすくなってしまいます。

ホルモンバランスが問題?

自律神経が乱れたことでホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが過剰に分泌されます。

これが、男性型脱毛症を起こし、女性の更年期の抜け毛の原因と考えられています。

頭皮に皮脂が多く分泌され、頭皮の環境が悪化することで、髪の毛の成長サイクルが乱れてしまい、髪の毛の成長が遅くなってしまうことがあります。

睡眠不足が原因?

夜中に何度も目が覚めてしまったり、眠りが浅くなってしまうのも良くありません。

寝ている間に、日中負ってしまったダメージを修復するからです。

特にゴールデンタイムと言われている、22時から2時までは成長ホルモンが分泌されます。

髪の毛もこの時間帯に成長するので、良い睡眠が取れていないとダメージを修復しきれず蓄積してしまい、髪の成長さえも止めてしまうのです。

体内の亜鉛不足が原因?

ストレスが溜まると、身体の中に活性酸素が発生し新陳代謝を妨げてしまいます。

活性酸素を分解するために体内にある亜鉛が使用されますが、亜鉛は、食事で摂取したタンパク質を筋肉や骨、髪の毛などの組織に変える働きをしています。

亜鉛が不足してしまうと、そもそも髪の毛を増やすことが困難だということになりますね。

対策方法

ストレスが原因の抜け毛の場合は対策が可能です。

いくつか対処法を紹介します。

1、適度な運動

エレベーターやエスカレーターを使っている人は階段を使う
電車などでは座らず立つ
軽めのストレッチをする

いきなり走るなどの激しい運動は厳しいと思います。
毎日続けられる体を動かす習慣がつくと良いです。

2、健康的な食事

好きなものばかりでは偏った栄養ばかりになってしまいがちです。
肉、野菜、主食のバランスがしっかり取れる食事を心がけてください。

3、食事やサプリメントで亜鉛を摂取する

亜鉛の1日に摂取すべき量は男女で異なり、成人男性は約10mg、成人女性は約8mgです。
妊娠中や、授乳中の女性は2〜3mg多い10〜11mgが推奨量になります。

この1日の推奨量は厚生労働省が定めています。

亜鉛が不足すると髪を増やすことは困難です。

しかし、過剰に摂取することも身体に副作用が出る可能性があり、逆に髪が抜けてしまうことさえあります。

必要な分だけを摂取するようにしてくださいね。

1日の摂取量の上限は成人男性が40〜45mg、成人女性で35mgとされています。

亜鉛が豊富に含まれている食材は、牡蠣や煮干し、タラバガニ、うなぎ、干し海老、帆立、豚レバー、アーモンド、納豆、ごま、大豆などです。

うまく亜鉛が豊富に含まれている食材を利用して効率よく亜鉛を摂取してくださいね。

しかし、食べ物で亜鉛をうまくとれない人もいることでしょう。

サプリメントを活用して、必要な亜鉛を摂取するようにしてもいいと思います。

おすすめのサプリメントを紹介しますね。


4、気分転換をする

受けたストレスを解消する方法を見つけましょう。

身体にストレスが出てきてしまう前に、ストレスを解消する方法を知っていれば、必要に応じて自分で対処することが可能になります。

趣味の活動をしたり、外に散歩に行ったり、好きな音楽を聞いたり、ヨガなどのゆったりしたストレッチをしたり気持ちリセットできる方法を探してみてください。

趣味の活動が座りっぱなしになってしまうのであれば、定期的に立ってストレッチを行ってみてくださいね。

まとめ

髪の毛が抜けやすい人の特徴は、運動不足、睡眠不足、食事が乱れている人でした。

髪の毛が抜ける原因は、自律神経が乱れたことによる頭皮の血流の問題、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、体内の亜鉛不足が考えられます。

対策方法としては、適度な運動、健康的な食事、適度な亜鉛の摂取、気分転換をすることです。

抜け毛や薄毛で悩んでいる人は今回まとめた記事を読んで、足りない部分を補ってみてくださいね。

最後までありがとうございました。
管理人のmeikoでした。

スポンサーリンク