グルメ

魚河岸トミーナでは95歳のおばあちゃんがピザを焼く!?食べれるのは豊洲のどこ?【たけしのニッポンのミカタ】

8月21日のたけしのニッポンのミカタ魚河岸トミーナが紹介されます。

95歳の土井スズ子さんがピザを焼いているということで、ビートたけしさんも国分太一さんも驚いていましたね。

 

元気の秘訣は?との質問に自分が信じた道を突き進んでいたら、時間が経っていたと回答したおばあちゃん。

 

気になります。

 

そこで今回は、トミーナでピザを焼くおばあちゃんについて調べてみました。

もともとは築地市場にあったので移転して場所がわからなくなってしまった人もいるかと思いますので、豊洲市場の新しい場所もお伝えしますね。

 

ぜひ、記事を読んでおばあちゃんの作るあったかいピザを食べに行ってください。

ピザを焼くのは楽しいから

 

ピザを焼くのは大正15年生まれの95歳のおばあちゃん土井スズ子さんです。

ピザを焼くようになったのは、70歳過ぎ

娘さんからお店を手伝わないかと誘いを受けて、ピザを焼くようになったそうです。

70歳過ぎから新しく始めるなんて、なかなかできることじゃないですよね。

元から好奇心が旺盛だったスズ子さんは、面白そうだと店に立つようになったそうです。

じゃあ、以前から勉強していたのかと思えば、前職は婦人服の仕立屋さんでピザの勉強は一切したことがないそうです。

娘さん夫婦がイタリアで修行をしていたプロだったそうで、見よう見まねでピザ作りを覚えたそうですよ。

見よう見まねだなんて、興味がなかったらできないですよね(笑)

95歳という年齢にも関わらず、いまだに店に立っているのはピザを焼くことが楽しいからだそうです。

トミーナのピザ生地は、少しの塩と大さじ1くらいのエキストラバージンオイルだけ。

とってもシンプルな味付けです。

豊洲市場にあるから、具材は新鮮でいいもの

仕入れた食材によってピザの具を変えてみたり、チーズを多めにしてみたり、切り方を変えてみたり…試行錯誤する時間が楽しいそうです。

たまに、娘さんに精算を考えて欲しいとお小言を貰うそうですよ(笑)

お店に立ち続けるのも元気であるからこそ

スズ子さんに「どうしてそんなに元気なの?」と聞く人も多いようです。

スズ子さんは、元気の秘訣といえば、

そのときの状況で、どう楽しく過ごすか。

「こう」と信じた道を、脇見をせずにまっすぐに行っていたら時間が経ってしまっていた。

と答えるそうです。

90歳を過ぎた身体は多少ガタがきているけれど、店に出てピザを焼くのが楽しいと土井スズ子さんは語るのです。

まっすぐに前だけをみて生きるスズ子さんはとてもかっこいい人生の先輩でした。

おすすめは具材いっぱいの海鮮ピザ

スズ子さんが作るトミーナのピザで、一番おすすめなのが具材がいっぱい乗った、海鮮ピザ

具材は、えび、たこ、いか、ホタテ、かになどたっぷりです。

一つ一つ丁寧に、店内の釜で焼かれています。

https://twitter.com/naosugar1013/status/1288723678234992640

トミーナは豊洲のどこに?

トミーナはもともと築地市場にありましたが、場内市場移転の際に豊洲市場に移転したのです。

移転したために、場所がわからなくなってしまった人もいるのではないでしょうか?

現在、トミーナは豊洲市場の7街区にあります。

移転してしまっても、「パスタ」と「ピザ」が食べれる唯一のイタリアンです。

地図を貼っておくのでご覧くださいね。


引用元:豊洲市場ぐるめ

関連ランキング:イタリアン | 市場前駅有明テニスの森駅新豊洲駅

まとめ

今回は豊洲市場唯一のイタリアン、トミーナのピザ職人は95歳のおばあちゃんということでまとめました。

元気の秘訣はまっすぐ前をみて突き進むこと、興味のあることにまっすぐ進んでいたから今も元気でいるのでしょうね。

豊洲市場に行く際は、トミーナにもぜひお立ち寄りくださいね!

最後までありがとうございました。
管理人のmeikoでした。

スポンサーリンク