子育てと生活

ダニ対策に洗濯機、掃除機は効果なし!?家でできる簡単な退治方法はある?

ダニは、人間のフケや垢、皮膚の欠けらなどが大好物な生物です。

カーペットや寝具など、家中の至るところに存在していますが、人間の目には見えないのであまり気にしていない人も多いようですね。

しかし、ダニのフンや死骸がダニアレルギーのもとになってしまうことはご存知ですか?

じゃあ、ダニの潜んでいそうな場所を片っ端から掃除すればいいんじゃないの?

と思うかもしれませんが、ダニの力は相当強いもので、洗濯機や掃除ではなかなか退治はできないんです。

今回は、そんなダニの退治できない理由、家でできる簡単な退治方法、退治後のダニ対策を紹介します。

是非、最後までチェックしてくださいね!

洗濯や掃除機でダニ対峙ができない理由

目に見えないダニは、洗濯や掃除機で掃除することで退治ができたと思い込む人も多いです。

しかし、ダニは強い力を持っていて、洗濯機の水流や掃除機の吸引力くらいでは、布の繊維にしがみついて簡単には離れてくれません。

生き物なのだから、水の中につけておけば退治できるのでは?と思うかもしれませんが、ダニは想像以上にしぶとい生物で、一時的に酸素がない状態に追いやっても生きていくほどの生命力を持っています。

生きているダニにとっては、洗濯の水流や掃除機の吸引力は敵でもなんでもないのです。

ただし、ダニアレルギーに全くの効果がないわけではありません。

ダニアレルギーの多くは、ダニの死骸やフンが原因です。

そういった死骸やフンは繊維に捕まる力はないので、流したり吸ったりすることができます。

けれどダニ本体がいるのであれば、継続的に死骸やフンが出てしまうので、可能であるなら退治してしまいたいものです。

家庭でできる簡単なダニの退治方法

家庭でできるダニの退治方法があります。

ダニに効果的なのは、50度以上の温度で加熱すること。

ダニは50度の熱で20〜30分、60度以上の熱なら一瞬で死滅します。

これから紹介する方法で、ダニを退治しましょう。

スチームアイロン

スチームアイロンの蒸気は約100度。

ダニを死滅させるには、十分な温度をしています。

焦げ付きの防止に濡れたタオルをのせ、スチームアイロンの蒸気をゆっくりあてることでダニが死滅します。

その後に、掃除機をかければダニの死骸を吸い取ることができます。

物によっては熱に弱いものもあるので、一度確認をしてからスチームアイロンをかけるようにしてくださいね。

また、大きいものをやる場合、時間がかかってしまいます。

乾燥機を使う

コインランドリーや家庭用洗濯乾燥機を使うと強い熱風でダニを退治することができます。

布団や毛布、カーテンなどの大きいもののダニ退治をしたい場合は、コインランドリーやクリーニングなどの大型乾燥機が便利です。

夏場の車内に放置する

夏場の車内は50度に達することも多く、中にいれて放置しておくだけで、ダニ退治ができます。

フロントガラス付近は特に温度が上がりやすいので、短時間でダニ退治が完了します。

ただし、できるのが炎天下の夏場のみになってしまうので、定期的にダニ退治をしたい人には向きません。

どの方法も一長一短です。

家庭ごとに合った方法で、ダニ退治をしてみてくださいね。

熱を当てて、ダニを退治した後は必ず掃除機で死骸を吸ってくださいね。

アレルギーが出やすいのは、死骸やフンが多いので、忘れるとアレルギーが出てしまう可能性があります。

しっかりダニ退治をした後は、ダニを増やさないように対策をしましょう。

布団の天日干し、布団叩きはNG!

よく布団を干したり、布団を叩いている人がいます。

あれ、ダニ対策としてならNGなんです…。

単純に干した布団で寝たいだけなら全く問題はないんですけどね。

なぜ、ダメなのか。

車内に放置してダニが死滅するなら、同じように太陽の熱でも死滅するんじゃないか?と思うかもしれませんが、布団などの厚みのあるものはダメです。

表面のダニは死滅するかもしれませんが、ダニは基本的に暗いところが好きです。

天日干しをすることで、暗くて温度の低い奥に入り込んでしまうだけ。

また、布団叩きは掃除機をかける前であれば、ダニの死骸やフンをより細かくしてしまう可能性があります。

そうしたことで、アレルギーの発症や悪化につながることもあります。

布団叩きをする場合は、せめて掃除機で布団を一度吸引してから叩くようにしてください。

ダニの対策方法は?

最近では、ダニを駆除するためのグッズが売られています。

時間がない人や、より簡単に済ませたい人はそれらのグッズを使ってみてください。

まとめ

今回は、ダニの退治できない理由、簡単な退治方法、対策を紹介しました。

簡単にまとめると…

ダニは力が強いため、洗濯機の水流や掃除機の吸引力で退治するのは難しい

ダニは約50度で死滅するため、加熱が効果あり

ダニ対策には、ダニ専用対策グッズがおすすめでしたね。

しっかりダニ対策して、ダニのいない布団でぐっすり眠ってくださいね。

最後までありがとうございました。

管理人のmeikoでした。

スポンサーリンク