ニュース

レジハラの原因は?対策、解決策、レジハラをする人の不満まとめ

こんにちは、meikoです。

 

2020年7月1日からレジ袋の有料化が始まりました。

 

決まった頃からよく行く店舗にレジ袋有料化のチラシが貼ってあるのをみて、これからはどこに行くにもマイバックが手放せなくなるなと思ったものです。

有料化が始まってから寄り道でコンビニへ寄った時は、買い物をするつもりがなかったのでマイバックを持っておらず、手に商品を抱えて大変な思いをしました(笑)

 

プラスチックゴミを減らそう、CO2を減らそうと始まったレジ袋有料化ですが、困った問題が起きるようになってしまったみたいです。

 

それがレジハラスメント。世間では「レジハラ」と呼ばれています。

 

今回はレジハラの原因、レジハラの解決方法をまとめてみました。

レジハラスメント(レジハラ)の原因

レジハラスメント、世間ではレジハラと略されており、レジで起きるハラスメント(嫌がらせ)のことを指します。

 

レジ袋有料化に伴って、レジ袋を巡り不満が高まった客から店員へのハラスメントが増えているようです。

レジハラをする人は何が不満なのか

レジハラをする人は何に不満を覚えているのでしょうか?

 

サービスに不満

今まで無料だったビニール袋が急に有料になったこと。

エコバックに自分で詰めなおさないといけなくなったこと。

 

サービスが当たり前になっていたものが急になくなると不満に思うものです。

しかし、店員さんに当たることは人としてどうでしょうか。

ビニール袋の有料化はプラスチックゴミ減少、CO2削減の目標の政策です。

未来を考えて、なるべくマイバックを使うなどしてなるべく環境に配慮できるといいですね。

レジの遅さ

今まではほとんどなかった

「レジ袋は必要ですか?どのサイズですか?」

1人の客あたり10秒くらいかかるやりとり。

やりとりが増えたことによって延びてしまった待ち時間

 

忙しかったり、慌てたりしていると人は余裕をなくすものです。店舗が混む時間を外したり、自分が早めの行動をすれば心に余裕ができるのではないでしょうか。

レジ袋が必要か聞きなおされる

今はコロナの関係でマスクや透明なビニールシートの関係で言葉が伝わりづらい

日本語の曖昧な表現のため、お互いに意味が通じず聞き直される。

 

声が伝わりづらいのは仕方がないことですので、少し声を張って、曖昧な表現(「大丈夫です」「結構です」など)は使わずに「入ります」「入りません」で回答できれば繰り返し聞かれることはないのではないでしょうか。

マイバックを持参すれば、このようなやりとりもなくすことができますね。

レジハラを解決するには、お互いの意識を変えること

レジハラを根本的に解決することは難しいです。

ですが、お店側と消費者側のお互いの意識を変えればレジハラは少なくすることができると思います。

消費者の私たちにできるのは、

マイバックを持参すること、

店の混む時間は避けること、

レジ袋の必要なときは曖昧な表現をしないこと、

レジ袋の有料化に文句を言わないことくらいだと思います。

 

お店の方でできる対策は、

レジ袋による受け答えをなくすためにレジ袋購入カードの用意すること

レジ前に購入用のレジ袋を陳列すること

セルフレジの導入

クレーム対応のマニュアルを徹底することだと思います。

 

すでにこのような対策をしているお店は多いでしょう。

 

消費者側もお店側も気持ちよく過ごすために、意識変えができるといいですね。

まとめ

今回はレジハラについてまとめました。

レジ袋が有料化しただけで、ハラスメントが増えるとは思っていませんでした。

消費者である私たちができるのは買い物に行く時には、マイバックを持っていくことです!

いつも持ち歩くカバンや、車の中に一つマイバックがあるといいですね。

 

スポンサーリンク