ニュース

【2020】台風9号の九州や韓国、北朝鮮の被害は?けが人や死亡者はいるの?

9月2日の夜中に台風9号は福岡県に最も近づき、福岡・佐賀県では13人ものけが人が出たとされています。

今回の台風9号ではどのような被害がでてしまったのでしょうか。

また、日本を通り過ぎ、韓国・北朝鮮へと進んだ台風9号はどうなったのか、被害とともにまとめてみました。

是非、今後の台風の対策に役立ててくださいね。

台風9号は熱帯低気圧に変わった

台風9号(メイサーク)は9月3日15時頃に中国東北区で熱帯低気圧に変わりました

しかし、南からの湿った風は続くそうで、太平洋側の地域では、このあとも局地的に激しい雨に注意する必要があるようです。

台風9号は8月29日にフィリピン沖で発生した台風で、非常に強い勢力で沖縄地方に接近し、コース次第では九州なども災害級の雨や風、高潮になるおそれがある台風と言われていました。

台風9号、日本の被害

台風9号は九州地方を中心に被害を残していきました。

新しく発生している台風10号も接近してきているので、台風9号の被害を見て、今後どのような対策をするのか、検討してくださいね。

沖縄

日本で1番最初に台風9号の被害にあった沖縄県は、15時間もの間暴風域に入っていました。

久留米空港で最大瞬間風速54.5メートルを観測し、栗国村では24時間の降水量が9月の観測史上最大になりました。

風にあおられ転倒するなどで8人が怪我をしました。

道路の陥没や、倒木、車の横転や水タンクの落下などの被害も発生したようです。

また、1日は沖縄県の空港発着の244便が欠航、2日も10便が欠航しました。

沖縄本島の路線バスも終日運休し、1日は沖縄県内の交通網が全面的にストップすることになりました。

https://twitter.com/miya_nee3/status/1300664868098375680

福岡・佐賀

台風9号は九州の一部で観測史上最大の瞬間風速を記録し、一部は暴風域に入りました。

福岡県朝倉郡で33.4メートル、佐賀県伊万里で34.4メートルの瞬間風速を更新し、各地ではそれに近い強い風が吹き荒れたそうです。

その強風によって、道路や建物の屋根が飛んだり、シャッターが破損したりと被害が出ています。

なお、久留米市では強風によって吹き飛ばされた屋根が電線に引っかかり、電線が切れ一部停電になったそうです。

今回の台風では、福岡空港では172便が欠航、一部の教育機関では停電のため休校になりました。

福岡・佐賀では少なくても13人が怪我をおったようですが、重傷者や死亡者は出ていないようです。

https://twitter.com/horiechihiro/status/1301412801844453377

長崎

同じく九州地方である、長崎県でも最大瞬間風速は44.8メートルを記録し、離島を中心に家屋の倒壊も発生しているそうです。

被害としては、窓ガラスが割れた、倒木が道を塞いだ、街灯が倒れているなどといった情報があります。

風に煽られトラックが横転する被害もあったようですが、けが人はなかったようです。

長崎県では5人が割れたガラスで怪我などを負ったそうです。

なお、停電被害が広い範囲で起きおり、3日10時の時点で復旧の目安がたっていないそうです。

台風9号、韓国の被害

韓国では9月2日から3日にかけて台風9号が直撃し、1名が死亡しました。

強風によって、街路樹が道路を塞いだり倒木によって信号が壊れたり、住宅の屋根が飛んだり、道路が冠水したといった被害があり、12万程の世帯が一時停電被害を受けたようです。

韓国南部の古里原原発は3日未明に自動停止し、運営会社側が放射能漏れなどはないため、安全上の問題はないと発表しています。

台風が上陸した南部釜山では、マンションの窓ガラスが割れ、破片で手首や腕などを切った60代の女性が出血多量で亡くなっています。

また、江西区のオリンピック大路では雨でスリップしたタクシーがスリップし、横転する事故があり、運転手と乗客の2名は病院へ運ばれました。

台風9号、北朝鮮の被害

北朝鮮では、台風の影響で河川が増水して危険水域になったり、道路や農地が冠水したりといった被害が各地で出ています。

中でも、本山(ウォンサン)での被害が大きいようで、市内の道路は泥水で覆われ、大きな河のようになってしまったようです。

9月2日の午後9時から午前6時までには200ミリもの雨が降り、海水面が通常より77センチメートル高くなったと朝鮮中央テレビが報道しています。

https://twitter.com/Lactoyoccus_MEM/status/1301300975890653184

まとめ

今回の台風でも少なくない被害が出てしまっています。

韓国では死亡者もいる中、台風10号が近づいてきています。

何も対策せずこのまま過ごすのではなく、家庭の非常袋の中身を確認したり、庭や周りに飛びやすい物がないかを点検したり、窓に養生テープを貼って割れた時に飛び散らないように対策し、何かあったときに備えられるといいですね。

最後までありがとうございました。

管理人のmeikoでした。

スポンサーリンク