遊びと旅行

カフェ利休が飲めるのはどこ?柏市にあるコーマル城でフランスを体験【たけしのニッポンのミカタ】

8月21日のたけしのニッポンのミカタ千葉県柏市にあるコーマル城が紹介されます。

コーマル城は柏市にある住宅街に建っている個人所有のお城です。

まさか住宅街に突然、ロココ調のお城が現れるとは…。

ビートたけしさんも国分太一さんも訳がわからないといったような表情でしたね。

中はまるで中世ヨーロッパにタイムスリップしたかのような内装。

そんなゴージャスで贅沢な場所でコーヒーが飲めるって意味がわかりません(笑)

番組を見た人も似たような感想を抱いたのではないでしょうか。

今回は、そんな豪華な場所でコーヒーが飲めるコーマル城を紹介したいと思います。

カフェ利休を飲めるのはコーマル城

コーマル城は正式名称をシャトー・ド・コマールと言います。

フランス語でシャトーは城、間にあるドは正式な城として認められている証しのようなものです。

このコマール城はフランス城主会に認められているちゃんとした城の一つということになります。

この城は城主である高丸重信さんが30代の頃に設計したもので、フランス18世紀のロココ様式の建築を日本の邸宅にあうように再現したものです。

室内の照明から、家具・調度品・絵画全てを使い、中世ヨーロッパのような豪華で優雅な空間になっています。

1984年には、一部を一般開放し、フランス18世紀の市民的サロンの継承に務めています。

お城は喫茶室を利用することで見学することができます。

出会いを大切にしたいという城主自ら、丁寧な説明で案内してくれますよ。

黒柳徹子さんもおとづれたことがあるそうで、黒柳さんが命名した噴水(サロン文化の泉)が屋敷の外にあります。

それ以外にも、フランス18世紀のロココ調の建築を再現しているので見所はたくさん。

タイムスリップしたのでは!?と思うくらい幻想的な空間が広がっています。

いったら、ぜひ楽しんで見てくださいね!

https://twitter.com/marynotubuyaki/status/1208341169119186944

アクセス

住所:千葉県柏市東柏1-21-15

TEL:04-7167-5886

営業時間:11:00~17:00

定休日:火曜日(臨時休業あり)

駐車場なし

最寄駅はJR柏駅

ただし、車で15分ほどかかる距離にあるのでバスを利用して行くのがいいでしょう。
最寄のバス停は「刈込」停留所。

コーマル城の公式HPはこちらからどうぞ(青字をクリックしてください)

メニュー

喫茶室ではオリジナルドリンクのカフェモーツァルトカフェポンパドール600円カフェ利休700円ほどで提供されています。

カフェモーツァルトはチョコレートクリームがたっぷり乗ったコーヒーで、削りチョコレートも使われており、甘いのが好きな人にオススメ。

カフェポンパドールはクリームがたっぷりと乗ったキャラメル風味のコーヒーで、食用パンジーがクリームの上に乗っていて、見た目からして可愛らしいですね。

カフェ利休は抹茶をたてる時に使う茶せんでコーヒをたてて飲むコーヒーで、砂糖は和三盆を使うらしく、いつもとは違う和を感じるようなコーヒーが飲めると思います。

https://twitter.com/kihon_onakaitai/status/853594630348091392

https://twitter.com/knbopm/status/719089679300038664

まとめ

今回はコマール城について、まとめてみました。

コマール城は、フランスの城主会にも認めらている正式な城でしたね。

閑静な住宅地にあるので、急にお城が現れてびっくりするかもしれません(笑)

喫茶室で飲めるドリンクも美味しいのでぜひ飲んでくださいね!

また、毎月コンサートやティーパーティーなどのイベントが開催されているそうです。
今はコロナウイルスで見合わせているようですが、興味がある方はウイルスの流行が落ち着いた頃行ってみてはいかがでしょうか?

最後までありがとうございました。
管理人のmeikoでした。

スポンサーリンク