遊びと旅行

天に続く道はバイクや車で走るべき!334号線からの行き方は?【出川哲朗の充電させてもらえませんか?】

8月29日に出川哲郎の充電させてもらえませんか?SP北海道斜里の天に続く道を出川さんが電動バイクで走り抜けました。

天に続く道は斜里町から大栄地区をつなぐ直線道路で、ドライブやツーリングにおすすめのスポットになっていますが、電動バイクで走るには辛い道のりだったのではないでしょうか。

今回は、そんな天に続く道の行き方おすすめの時期を紹介します。

天に続く道の近くには展望台があり、そこから道の様子を見ることができるそうなので、展望台も合わせて紹介しますね。

斜里に訪れたならぜひ、行ってみてください。

天に続く道、行き方は?

天に続く道は、斜里町中心から知床半島へ向かう際に天に向かう道として見ることができます。

知床半島から斜里町の方へ来ると、道が天に伸びてるように見えないので、ぜひ斜里町から知床へ向かう道順で行ってくださいね。

斜里町中心から知床半島に向かう国道334号線を約10km東へ進むと、直線だった道路が斜里町峰浜で大きく左へ曲がっています。

ここを道なりではなく、直進して海別岳山麓の町道を通ってください。

しばらく行くと、目の前に天に続く道が現れます。

なかなか日本では見ることのできない景色なので、感動する人も多いようです。

真っ直ぐ続く長い道だから、知床ドライブで1度は走りたい道と言われたり、ツーリングや旅行者にもおすすめのスポットと言われています。

天に続く道、おすすめの時期は春分と秋分の日

天に続く道のおすすめの時期は、春分秋分の日付近が良いです。

なぜなら、天に続く道の延長線上に夕日が沈む様子を見ることができるからです。

北海道斜里郡斜里町にある全長28.1kmもある壮大な、まるで天まで続いているような道
の先に夕日が沈む光景は圧巻でしょう。

なので、もし天に続く道を目的に訪れるのであれば、春分・秋分の日周辺をお勧めします。

写真を撮るのであれば、天に続く道の付近に展望台があるので、そちらを利用するようにしてくださいね。

撮影スポット、名もなき展望台

南3号の坂を登っていくと、左側に名もなき展望台と呼ばれる展望台があります。

この展望台は標高が75mある丘の中腹にあり、高さは約4m、6人ほどがのれるくらいの小さい展望台です。

展望台にのぼると、天に続く道はもちろんのこと、オホーツク海や周辺一帯の田畑などの北海道らしい広大な景色を見ることができます。

駐車場あり、入場料は無料です。

ここで写真を撮るのもいいのですが、駐車場に車を停めて少し登って写真を撮るのもいいですよ。

山の頂上付近だと邪魔するものもなくていいかもしれません。

北海道へ行くなら、飛行機&レンタカーがおすすめ

北海道へ行くなら、飛行機とレンタカーを使ったほうがいいです。

私が北海道へ旅行した時は冬だったのでレンタカーは断念しましたが、雪の降っていない時期はレンタカーを借りるべきです。

北海道は思っているより、だいぶ大きいということを忘れないでください。

地図上ではこんなものかと思っていても実際は全然違います。

確かに、レンタカーを借りる手間や、手続きに時間がかかることもあるでしょう。

けれど、電車やバスを待つ時間にレンタカーを借りることで、移動はできるし、滅多に運転できない広大な土地を運転することができます。

うまく予定を組めば、電車やバスでも待ち時間なしで行動することはできると思いますが、時間を気にしながらの旅行は少し窮屈じゃありませんか?

レンタカーを借りる選択肢もあるということを知ってもらえれば、電車やバスより行動範囲も広がります

ぜひ、参考にしてくださいね。
ピッとGoデリバリーで出発も返却も簡単便利「タイムズカーレンタル」

全国の格安レンタカーを一括比較・検索予約【skyticketレンタカー】

まとめ

今回は、天に続く道を紹介しました。

天に続く道は

斜里町から知床へ向かう道順で見ることができる

春分、秋分の日付近に行くと、夕日が道の延長線上に沈む様子が見れる

名もなき展望台があり、そこから北海道らしい広大な景色を見ることができる

スポットでしたね。

ぜひ、北海道へ行く際は、レンタカーなど借りて天に続く道を走ってみてください!

最後までありがとうございました。

管理人のmeikoでした。

スポンサーリンク